(1) 開催日時  平成30年5月8日(火)〜5月10日(木) 3日間 9時〜16時
                                               (2) 開催場所  市来地域内の29事業所・団体
                                               (3) 実施対象  市来中学校 3年生 49名

事 業 概 要

Aコープ大里店

3年1組

川井田 汐梨
  

職場体験一日目は八時四十分に店内に入って荷物を置いてその後朝礼が九時からだったのでそれまで商品の前出しをしました。そして九時になり、朝礼が始まりました。その後朝礼が九時からだったのでそれまで商品の前出しをしました。その時に自己紹介をしました。自己紹介もとても緊張しました。朝礼が終わり、バックヤードに行き、台車にダンボールを乗せてその中の商品を売り場に出しました。次に商品棚の清掃をしました。しきりをふいたり、下をふいたりしました。とても疲れました。そして、あっという間に十二時になり、休憩の時間に入りました。昼食は一時まででした。とても時間が長く退屈でした。そして、昼の休憩を済ませ商品棚の清掃の続きをしました。一時間くらいで終わり、商品の前出しをしました。奥に入ってるのがたくさんありました。これだけ売れているんだなと思いました。そして、三時になり従業員の方々にお礼を言いって帰りました。職場体験一日目が終了しました。そして、二日目は、昨日と同じで商品出しをしました。私は、洗剤のコーナーを主にしました。九時になり、朝礼が始まりました。私たちも言えそうなところは言いました。商品出しの続きをしました。商品出しがすべて終わったら、商品の前出しの続きをしました。昨日と同じようにしていきました。その後、商品棚の清掃をしました。汚れがたまっているところもきれいにふき取りました。十二時から一時まで休憩を終えて、商品の前出しをしました。最後に、商品棚の清掃をしました。それで、二日目が終了しました。職場体験三日目は、まず商品出しをしました。いつもより品数が多かったです。商品出しを済ませて、商品の前出し、商品棚の清掃をして午前は終わりました。午後は商品棚の清掃をしました。そして、三時になり、お礼を言い,お土産までもらいました。従業員の方々が優しく接してくださったのでとても心強かったです。この職場体験で仕事の大変さがすごく分かりました。この三日間の職場体験は、いい経験になりました。

Aコープ大里店

3年1組

西中間 百花

私は職場体験で3日間、Aコープ大里店の職場でお世話になりました。主な仕事内容は、午前中に商品出しをし、商品出しが終わり次第、商品の前出しと商品棚の清掃を終了時刻まで行いました。実習1日目は、とにかく緊張していました。これから3日間、どんなことをするのだろうという好奇心や失敗したらどうしようという不安が入り混じった変な気分でした。9時からの朝礼では、店長さんの挨拶や心得、身だしなみチェックを行いました。また、初日だったため、私たちも意気込みを発表しました。初日は、初めてのことになかなか慣れず、いろいろなことに時間がかかってしまいました。その中でも、1番大変だったのは、商品出しです。カートに商品の入ったかごや段ボールを乗せて、商品を並べる場所を探し、賞味期限の近い順に前から並べていく作業です。商品は重く、並べる場所を把握していないため、探すだけで苦労しました。2日目・3日目は、体力的には慣れ、テキパキと動けるようになりました。また、朝礼での身だしなみチェックも最初は分からなかったけれど、従業員さんの姿を見て学び、しっかりと行うことができました。そして全ての仕事が終わったときに、3日間使ったタオルを見ると、ボロボロになっていて、このタオルが私たちの頑張りの証だと思いました。私はこの職場体験でたくさんのことを学びました。そして、1番大切だと思ったのは、感謝の気持ちです。商品の場所を聞かれ、案内した後にお客様に言われた「ありがとう」、3日間という短い期間で私たちに多くのことを教えてくださった従業員さんへの感謝。Aコープにはたくさんの感謝で溢れていると感じました。普段の生活では決して学ぶことのできないことを学べた、とても貴重な経験になりました。労働することの大変さ、頑張った後の達成感、そして相手への感謝を忘れずに、これからに生かしていきたいです。

いちごハウス木場
   
3年2組

西之園 礼綺

 僕は、職場体験学習で三日間いちごハウス木場さんのハウスで体験をしました。一日目は初めての慣れない仕事でいろいろと不安ばかりで友達に頼りばかりだったけど慣れてきて作業が進むようになりました。いちごは日光がしっかりと当らないと育たなくてすぐ腐ったりするということが分りました。だから竹2本で葉を押えて日光がいちごにいくように工夫をしているのがすごいと思い食べ物はこうして育っていくのを知れました。4人で仲良く作業ができ自分もしっかりと作業に集中できたのでよかったです。いちごハウスの木場さんが3時にいちごのパフェを作ってくれました。それがおいしくて早く食べ終わりました。1日目は腰が痛くて辛かったけど朝から夕方までやり切れたのでよかったです。 二日目は、徐々にペースが速くなりすぐ竹取りのあまりなどが終わりました。それから竹をどうするのかと思っていたら車で倉庫まで行って竹を置くということをしました。看板などが何十個ありびっくりしました。いちごハウスの木場さんの、こうやりながらハウスに来てほしくて頑張っている姿が好きでした。それから3万個も作らないといけない苗を作りました。初日は「え!」こんなに作るのと思いやって全然終わる気がしなくて45千個くらいでした。木場さんたちはこの作業を毎日していて一日の大変さなどのことを知ることができました。 三日目では、二日目とは同じくずっとでした。日焼けしたりして痛かったけどいろいろと仕事が回ってきて楽しかったです。農業作業でもこんなにきつくてどれだけ腰が痛くなっても育てないと食べ物は育たないし子供たちの好きないちごが買えなくなくなるから育つように最初から作る作業をしました。こんな苦労があるからこそいちごが育つんじゃないかと思いました。職場体験にいってよかったと思いました。

いちごハウス木場

3年1組

久保 怜大

ぼくは、いちごハウス木場で三日間お世話になりました。一日目は、最所から失敗をしてしまいました。自宅から歩いてどれくらいかかるかわからず、7時45分に家をでたら8時25分ごろについて10分遅刻してしまいました。明日からは、気をつけようと思いました。仕事をするときは、長ぐつと軍手借りました。最初の仕事は、いちごハウスの中で竹を抜いて集める仕事でした。ぼくは、抜いた竹を台車にのせてあるかごに入れて、集めた竹をハウスの入り口の前におきました。たくさんあったので一日中かかりました。あいにくの大雨だったので足がよごれてしまいました。でも、いちごをたくさんとってお土産として持って帰りなさいと言われました。家族みんなで食べておいしかったです。二日目は、午前中は昨日の続きをしました。午後からは、別の場所で仕事をしました。土を入れたポットが入ったかごを運んできれいに重ねていきました。かごは、たくさんあったけど軽かったのできつくはありませんでした。三日目もポットが入ったかごをならべる仕事をしました。かごを重ねていくうちに、重ねる時に少しずつずれて途中で倒してしまいました。危ないと思っておさえようとしたけど全部こぼれてしまいました。天気がよくて腕や首が日焼しましたが、最後までがんばりました。体験学習は、疲れたけど楽しかったです。ぼくは将来、おじいちゃんおばあちゃんと一緒にいちごやみかんを作りたいです。だからいちごハウス木場さんで体験できてよかったです。三日間は、あっという間でした。迷惑もかけたけど、みなさんは、やさしかったです。今ごろ何やっているのかなあと思います。また行きたいです。すごくよい体験ができてうれしかったです。

いちごハウス木場

3年2組


柳園 千寿

私は、職場体験学習で三日間、いちごハウス木場の職場でお世話になりました。いちごハウス木場の職場では、ハウスの中と外の作業がありました。いちごハウスの中の仕事内容は、いちごの葉が被らないようにするための竹の棒を抜く作業でした。最初は、抜くだけだし簡単だと思っていたけれど、作業をしているうちに体力的にもきつくなってきて、すごい数の棒を抜くので、抜き残しのないようにするのも大変でした。外の作業は、来年のためにいちごの鉢に肥料を入れる作業をしました。外での作業だったのでとても暑く、体力が必要でした。ですが、みんなで協力して励ましあいながら仕事を素早く進めることができました。そして、いちごが作られていく過程を学ぶことができたので農業についても勉強することができました。私は、この職場体験で「働く」ことの大変さ、食べ物、自然に感謝する気持ちを改めて学ぶことができました。この三日間、すでに一日目でへとへとになり、すごくきつかったけれど、それと同時に汗水流して働くことは気持ちが良いなと思いました。「働く」ということは大変だからこそ成長していけるのだと思います。楽な仕事をしても自分自身成長することはできないし、この世の中に楽な仕事というのは存在しないと思います。この職場体験で一番学んだことは、食べ物、自然のありがたさです。日々なにげなく食べている米、野菜、果物はたくさんの人の苦労、手間暇がかかっているんだなと思いました。食べ物があるということは、決して当たり前のことではないんだなと改めて学ぶ良い機会となりました。この体験もなんらかのかたちで将来へ繋がっていくと思います。職員の方々が楽しそうに働いているのを見て、自分も真剣に将来について考えようと思うことができました。仕事は大変なものだということを常に意識し、中学校の生活の中でも係の仕事などこなしていきたいと思います。

いちごハウス木場

3年2組


名越 稜

 私は、職場体験学習で三日間、いちごハウス木場の職場でお世話になりました。いちごハウス木場では、4人で協力して仕事を行いました。 一日目は、雨が降っていたので、ビニールハウスの中で仕事でした。ビニールハウスの中にある竹をとる仕事でした。その竹は、いちごの葉が倒れてこないようにするための竹です。その竹を2棟あるビニールハウス全て取りました。ビニールハウスが、想像以上に広くずっと腰を曲げている状態だったので、とても大変な仕事だと感じました。だんだん慣れてきて、作業は早くなってきたけれど、時々竹を見逃してしまうこともありました。気を緩められない仕事だと感じました。2・3日目は、晴れたので外で、来年用の苗のポットに肥料を入れる仕事をしました。最初に3万個こと聞いてとても驚きました。1日中座っていたので体のいたるところが痛くなりました。けれど、どんどん慣れていくうちに、ペースがあがり、どんどん作業が進みました。ポットが積み重なっていくのを見てこんなに自分は、頑張ったんだと感じました。何とか、みんなで2万個は、達成したいと思いました。最初は、自分は、不器用だから1万個もいかないと思っていましたが、何回も何回もやっていくにつれに半日で一人1000個は行き、自分は、こんなに上達するもんだなと感じました。上達していくことの楽しさや達成感を得られる仕事に行けてよかったです。けれど、楽しさもありましたが、大変で疲れる仕事でした。もし自分たちが職場体験でこさしてもらっていなければ、あの何万個のポットを作るのに対してたった2〜3人ぐらいの人数でやらないといけなかったと思います。この作業を毎年やって働く職場の方々は、とてもすごいと驚きました。仕事が終わり学校に報告をしに行ったきは、とても疲れて報告しに行ったことをよく覚えています。お母さん達の大変さがよくわかりました。3日間を通してとても充実した職場体験ができました。

カットスタジオ
十番館


3年1組


川畑 楓佳

私は、職場体験学習で三日間、カットスタジオ十番館の職場でお世話になりました。カットスタジオ十番館の職場では、いろいろな仕事をしました。1日目の仕事内容は、掃除やお客さんの接客でした。掃除は、床はわきと鏡拭き・窓拭きをしました。床はわきは、トイレから順にイスまわり・カットスペース・シャンプー台のところを全てはわきました。はわきおわった後は、鏡拭きをしました。鏡拭きは一番手を入れているところで、お客さんがきれいにうつるように横から見たり前から見たりと、工夫をしながらみがくんだよと教えてくださいました。そして、全ての掃除が終わるとお客さんのカットの様子を見学しました。ものすごくはやいスピードで切っていく姿を見てとてもおどろきました。そのあともシャンプーの方法なども丁寧に教えていただきました。2日目の仕事内容は、掃除やお客さんの接客・カット練習・脱色でした。掃除は昨日と同じ内容でした。掃除が終わるとカット練習をしました。実際にマネキンを使ってカット方法を2つ教えていただきました。長さをそろえるカット・カットバサミを縦に持ち替えて切るカットなどたくさんの種類がありました。見ていたときは、とても簡単に切っていたのに実際にやってみると、とても難しかったです。脱色では、髪の毛の色を抜きました。時間をおくごとに色は黒から金に変わっていきました。3日目の仕事内容は、掃除やカット練習・色染め・パーマでした。色染めは、昨日脱色したところに色を付けました。とても簡単でした。パーマは色染めとは比べものにならないほど難しく何度も何度も練習しました。この三日間の職場体験で、いろいろなことを学びました。仕事の楽しさや苦労することも分かり、とてもいい経験になりました。これからの生活にも生かしていきたいと思います。 

潟Wャース
さつま動物病院


3年2組


秋葉 ひなり

   私は、職場体験で三日間、さつま動物病院でお世話になりました。さつま動物病院での仕事内容は、一日目に仕事の説明・外の掃除・猫の部屋の掃除・薬作りの手伝い・動物の治療の見学などでした。二日目は、外の掃除・猫の部屋の掃除&道具洗い・パソコンの使い方・犬について(犬の散歩・熱の測り方・犬の爪の切り方・犬の病気)などを教えてもらいその後は動物の治療の見学や、顕微鏡で細胞を見たり、犬についての本を読みました。三日目は、外の掃除や草取り・窓の掃除・本読み・パソコンの使い方・犬の薬の事についての説明・注射器作り・動物の治療の見学などをしました。さつま動物病院で頑張ったことは、掃除や治療したあとの片付けです。私は、いろんなことを覚えることが苦手で一日目覚えてることを次の日には忘れてたり、覚えたりすることができませんでした。しかし、従業員の方々が二日目も一つ一つ丁寧に教えてくれました。なので私は三日目の掃除は自分で仕事を見つけながら行動することができました。この三日間で一番大変だった作業は、猫の部屋の掃除でした。猫が三匹いたので、毛が多かったのでほうきではわいたり、雑巾で拭いたり、床に水を撒いてブラシでみがいたりするのがたいへんでした。でも担当の方が一緒に作業をしてくだっさったので、とても助かりました。私は、この職場で体験していい勉強になったことは二つあります。一つ目は、犬のしつけや飼い方について教わったことです。私は、昔犬を飼っていたのでだいたいのことは知ってましたが今回たくさん教えてもらい知らないことが多いことが気づきました。知ることができて良かったです。二つ目は、あいさつの大切さを実感することができたことです。動物の治療に来たお客様と治療を終えた動物たちを「お大事に〜」と言いながら笑顔で見送ったとき私は、お客様が「ありがとう」と言って帰り私は治療をしてないけどうれしい気持ちになりました。私はこの二つが、将来にとってとても大切なことだと思うので忘れないようにしようと思います。これからは、職場体験を行う機会がないと思うので、良い思い出となりました。いい体験が出来たのでよかったです。

 デイサービス
 すこやか


3年1組


佐藤 茜音

私は、職場体験学習で三日間デイサービスすこやかの職場でお世話になりました。仕事内容は、利用者の方の送迎、昼食の準備・配膳、利用者の方とのレクリエーション(体操・風船バレー・歌を歌う)、食器洗い、おやつ準備、そうじでした。1日目は、初めてだらけの仕事が多く慣れるのに時間がかかりました。利用者の方にも話しかけるのに緊張しました。けれど、利用者の方から声をかけていただいて話が盛り上がりました。2日目は、1人ではなく2人で仕事を行ったので少しは緊張がほぐれました。スタッフさんからたくさん質問されました。休憩時間には、スタッフさんに質問をしたりして盛り上がりました。午後からも昨日と仕事内容がほぼ同じだったので、スムーズに行うことができました。3日目は、職場体験のまとめとして2日間できなかったことを1つでもできるようにしました。まず、笑顔でいることです。これは、どうすればいいのか考えてしまいました。しかし、スタッフさんの中で特に明るく笑顔でいる方がいらして、その方のおかげで1日中ずっと笑顔でいられました。私はこの職場体験で多くのことを学びました。3日間終わった後、あっという間だったと感じました。デイサービスすこやかは、曜日ごとに利用者の方が変わります。いろいろな方とお話しして、多くのことを教えてもらいました。例えば、ちまきの作り方を教えてもらいました。家で作ってみたいと思いました。1日1日の時の流れがあっという間でした。働くことが、どれだけ大変なものなのかが分かりました。特に、笑顔でいること、困っている人がいたら手を差し伸べることです。この2つは、これから社会に出ていくにあたってとても重要なことなので忘れないようにしたいです。職場体験学習を通してより仕事に関心を持つようになりました。良い思い出になりました。

ハーモニー
デイサービス音色


3年2組

森 春樹

ぼくは、3日間ハーモニーデイサービス音色で職場体験学習をしました。最初の1日はとても緊張していてどういうことをするのか不安でした。僕は基本的にスタッフの手伝いをしました。高齢者の方々と一緒に絵の色塗りやかるたをしました。僕は、読み手でみなさん、とてもとるのが早くて僕もとても楽しかったです。絵の色塗りもみなさんそれぞれの個性が出ていてとても良い作品になっていました。また、ぼくは、みなさんが書いているうちに削れた色鉛筆をカッターナイフで削っていきました。ぼくは、鉛筆削り機しか使ったことがなくて、カッターナイフで鉛筆を削るということを初めてしました。きれいに削ることはできなかったけどとてもいい経験になったのでよかったです。3日目には、午前中にお散歩に行きました。近くの公民館に植えてある花に水をやりました。とても良い天気でおばあさん達は麦わら帽子をかぶって歩いていて、とても麦わら帽子が似合っていました。みなさんとても足腰が強くて、80歳をみんな超えているのにすいすい歩いていてとてもすごいなと思いました。僕が大変だと思ったことは、目や耳の不自由な人にどうやって動いてもらうか、どうやってサポートできることを感じ取れるかがとても大変だと思いました。大変だけど人のために働くということは、とてもやりがいを感じられるし、元気になってもらったり、「ありがとう」と言われるととてもうれしです。また、音色では、3日間とも昼食がでました。どれもとてもおいしくて、特に2日目のチキン南蛮がとてもおいしくてびっくりしました。スタッフの方々は優しくいろいろなことを教えてくださってとても良い勉強になりました。この3日間の経験が、今後の学校生活や自分の進路選択に行かせたらいいと思います。また機会があればお伺いしたいです。

よしラーメン

3年2組

中村 彰真

私は、職場体験学習で1日間、みよしラーメンの職場でお世話になりました。みよしラーメンの職場では、配膳や後片づけなどの仕事を行いました。店に来てまず、最初は、掃除をしました。店のドアや窓、テーブル、カウンターなどを雑巾で拭きました。テーブルの上は消毒液を使いました。お客様が気持ちよく使ってくれるようにきれいに拭きました。次にもやしを袋から取って緑色の物を取る作業をしました。新鮮なもやしを手で触らせてもらうと結構冷たかったです。厨房の中は、せまかったので店の人の邪魔にならないように気を付けました。私は、最初にお客様がいらっしゃった時には、少し緊張しました。お客様がいらっしゃったら私は手におぼんを持ってその上に人数分の漬物とお水をのせてテーブルへと運びました。お客様に渡す時は、「いらっしゃいませ」と声をかけました。最初は、緊張してあまり声が出ていなかったのですが、それをたくさんやるに連れて自然と声も出せるようになりました。お客様の中には、私に注文をする人も何人かいました。最初に聞かれた時は、「えっ私?」と正直思ってしまいました。その時は、メモを持っていなかったので、お客様の言った注文をしっかりと忘れずに覚えていられるのか心配で少し怖かったです。けれど、しっかり忘れることなく店主に伝えることができてよかったです。お客様がラーメンを注文したら私は、ラーメンの上にチャーシュウやコーンをトッピングさせてもらいました。出来上がったラーメンをお客様のところまで届けられるのか心配でした。ラーメンは、熱くて重たかったです。けれどしっかりと届けられて良かったです。お客様が帰られたら片付けをしました。使ったテーブルを布巾でふいてきれいにしました。お客様がいない時には、しいたけを切らせてもらいました。私は、みよしラーメンを1日だけ職場体験させてもらいましたが、とてもいい体験をしたなと思いました。

ンシェリー
松下


3年2組

山内 雄大

 私は、職場体験学習で、3日間、モンシェリー松下の職場でお世話になりました。モンシェリー松下の職場では、卵割り、粉の計量、洗い物、包装などの仕事を行いました。1日目の仕事内容は、あいさつの練習、洗い物、包装などをしました。まず、雨が降っていたので、中であいさつの練習をしました。あいさつの練習は上手くコミュニケーションをとれるようにあいさつの練習をするそうです。相手と部屋ギリギリまでとおくにいってあいさつの練習をしました。次に、洗い物をしました。洗ったものは、ボウルと計量スプーンと板などを洗いました。洗い物は家のお手伝いでやっているので、普通に洗えました。次に、包装をしました。従業員の人たちが作ったケーキなどを箱に入れる作業をしました。この作業が1日目の作業の中で一番難しかったです。なぜなら、箱にケーキを入れるときに、クリームが箱についたらやり直しになるからです。2日目の仕事内容は、あいさつの練習をしました。2日目は、天気が良くてとても晴れていたので、事務所の近くにある川に行って、反対側のほうにも行って、何人かでおたがいに大きな声であいさつをしあいました。この練習をするほど仕事ではあいさつなどがとても大切なんだなと思いました。あいさつの練習の他にも、おかしを金色の紙で包む作業をしました。この作業をした部屋はとても暑く、作業をしているうちに体調が悪くなり、帰りました。ご迷惑をおかけしました。3日目は、前日の分まで、頑張ろうと、気合を入れて事務所に行きました。3日目は、卵割りとおかし作りをしました。午前10時から1230分くらいまでずっと卵を割っていました。だから、卵を約200個割りました。私は、最初卵を割れなかったけどだんだんと卵を割っていくうちに卵を上手く割れるようになっていきました。私は、職場体験学習を通してあいさつが大事だということを学びました。社会に出たときに、職場体験学習で学んだことを生かしていきたいです。

ンシェリー
松下


3年2組

松尾 朋香

私は、職場体験学習で3日間、モンシェリー松下さんでお世話になりました。洋生・和菓子・焼き場に分かれました。私は、洋生と和菓子を体験しました。朝からは、晴れだと外であいさつをします。和菓子での仕事内容は、洗い物・あんこをはかってまるめる作業・掃除・カステラと生どらの包装です。あんこは同じ重さのものを100個ずつくらいまるめないといけないので急がないと終わりません。また、食品を触るので、ゴム手袋をして手にアルコールをつけてからしないといけません。働くには、効率も必要なんだなとおもいました。洋生での仕事内容は、商品を入れる箱作り・板にカップを並べる→カップにスポンジをしく→くりをのせる・いちごをきる・ロールケーキの箱詰め・ゼリーの箱詰めバウムクーヘンの加工・ケーキのまわりのフィルムはり・片づけです。くりのおきかたや、ゼリーの箱詰め作業にも工夫があるそうです。また、バウムクーヘンの加工でも見ばえがいいようにフィルムのむきにもきまりがあるので気を付けます。私はこの職場体験で、いろいろなことを学びました。3日間とも立ちっぱなしで帰ると足がパンパンでしたが、それ以上に今日も1日よくがんばった!という達成感が強かったです。モンシェリーさんでは、とくに2つのことを大事にしているそうです。1つめはあいさつで、最初はすこしはずかしいけど職場の方々と話すうちに声が出しやすくなりました。2つ目は衛生です。食品を扱うのでやはり大事だとおもいます。こまめに手を洗うことや手にアルコールをつけるなどとても気をつかっています。将来、調理系の仕事につきたいと思うので忘れないようにしたいとおもいます。とても思い出になりました。とてもいい体験ができたと思います。

ンシェリー
松下


3年2組

M田 真穂

私は、職場体験学習で3日間、モンシェリー松下さんの職場でお世話になりました。モンシェリーさんの職場では、洋生・和菓子・焼き場に分かれ仕事を行いました。和菓子での仕事内容は、あんこを種類ごとに決められた量を取って丸める作業をしました。すぐにぴったりで取るのは難しかったですが、やっていくうちに一発で取れた時はうれしかったのを覚えています。焼き場での仕事内容は、卵を割る・菓子を焼く準備・クッキーの包装でした。特に、卵は午前と午後に行ったため、1日で400個程割りました。クッキーの包装では、初めて見る機械に驚いたのを覚えています。1日でお客様の手に届く第一歩と直前に関わることができたのは、貴重な経験だったと思います。洋生での仕事内容は、いちごを切る・ケーキを箱に入れる・商品の飾りを作ることでした。それらは、すべてお客様が手に取った時にどう感じるかを考える必要がありました。私は初めてやって大変だと思ったけど、従業員の方々は毎日やっているのだと思うと尊敬の念を抱くこともありました。商品の飾りを担当した時は、お客様が気持ちよく食べられるようにと、考えて工夫して丁寧に作るように心がけました。私はこの職場体験で、この職業だからこそ感じられる大変さ、楽しさを学びました。1番学んだことは、挨拶をする目的を知ったことです。当たり前のことでも、深い意味があることを分かった気がしました。また、実際に働く方へ質問をしてみたことで大変なことをやり遂げたその先に、やって良かったと思えることがあるとおっしゃっていました。3日間で学んだこと・事業所の方への感謝を忘れず、そしてこれからは楽しいことだけでなく苦しいことにも挑戦していけるような人になりたいです。この職場体験で、どんな大人になりたいか、どんな職場に就きたいかが少しは決まったような気がします。この経験は、一生忘れないと思います。

ラーメン潮騒

3年2組

新屋敷 広樹

僕は、職場体験三日間、ラーメン潮騒の職場でお世話になりました。ラーメン潮騒での仕事内容は、店内外の清掃ごはんの皿移し、漬物の用意、配膳、片付け、食器洗いでした。1日目は、店内外の清掃、ご飯の皿移し、配膳、片付け、食器洗いでした。清掃は、畳と座敷をはわき、床をはわいてからモップがけをして、畳と座敷とテーブルを拭いてから、室内用の洗剤で座布団を拭く作業でした。最初は、覚えることが多く大変でした。そして、仕事のスピードが速く、少し混乱していました。2日目は、1日目と同じ仕事に漬物の用意の仕事をしました。漬物の用意は、漬物用の皿全てに漬物を移し、用意したものが足りなくなった時に、また、用意をする作業です。2日目は1日目以上に人が多く、自分のすることも増えていきました最初は不安だったけれども、人が来たことにより、集中力が高まり、周りがよく見えるようになりました。3日目は、2日目までの仕事を振り返り、自分の仕事を理解したうえで、行動をしました。自分が思うには、自分なりに考えて動けてよかったと思いました。 僕はこの職場体験で、一番大切に思ったのは、挨拶でした。ラーメン潮騒の皆さんは、いつも挨拶はしっかりするように言われました。挨拶は、相手に気持ちを伝えるのにも大切だと教わりました。これから先、社会に出たとき大切なことだと言われました。職場体験中にはもっとも意識していました。そして、これからも大切にしていきたいことだと思いました。僕がラーメン潮騒の皆さんに言われてうれしかったことは、飲み込みが速く、思った以上に動いてくれたと言ってくれたことでした。自分は、ラーメン潮騒の皆さんにとっては、少し邪魔なのではないのかと思っていたので、その言葉をもらえてとてもうれしかったです。

いちき特産品振興会
季楽館


3年1組

紙屋 翔伍

私は、職場体験学習で3日間、季楽館でお世話になりました。季楽館では、レジカウンターと清掃などをしました。季楽館での仕事は、接客業が主体でした。知らない人と話すのが苦手なので、最初は緊張していました。けれど従業員の方もお客さんも優しかったので、すぐに緊張もほぐれました。 私がしたレジでは、笑顔がとても大切で最初に指摘されました。もともと無表情な私にはとても難しいことでした。けれどお客さんが優しかったので自然に笑顔になっていました。レジで注意されたことで、2つ目は声を出すことです。人見知りの私には、またしても難しいことでした。お客さんに「体験生ね〜がんばってね」と励まされることも多く、普通に声も出せたので、優しいお客さんでよかったです。 レジの袋詰めは、上に書いた2つのことよりは簡単でしたが、商品の大きさと袋の大きさがあっていなくて最初は時間がかかってしまいました。「時間がかかっても怒らないお客さん優しい!」と思いました。2日目は、1日目よりもうまくなり3日目は、2日目よりもうまくなりました。従業員の方々にもほめられたのでうれしかったです。仕事がないときには、従業員の方たちと世間話をしたり、私の学校のことを話したりしました。曜日によって従業員の方が変わるので話も飽きなくて楽しかったです。店内の掃除も頑張って取り組みました。品物を並べるときに苦戦したのが野菜についているシールをいかにはがさず並べられるかでした。この3日間を通じて学んだことは、仕事の大切さや大変さなどです。将来、社会に出たら必ず役に立つことをたくさん学んだのでそれを今後の生活につなげていきたいです。

吉村醸造

3年1組


水口 亜矢果

私は職場体験学習で3日間、吉村醸造の職場でお世話になりました。吉村醸造の職場では、工場と直売所に分かれ、仕事を行いました。朝はラジオ体操から始まり、事務所での朝礼が終わってからそれぞれの仕事に入ります。1日目と3日目は工場で働き、2日目は直売所で働きました。 工場での仕事内容は、主に商品の箱詰めで、様々な商品を箱に詰めていきました。1日目は、工場内を1通り案内していただいたあと、大きな工場とは別の建物である、ソース工場に向かいました。そこでは、ハンバーグソースの瓶をアルコールで消毒し、20本ずつ段ボール箱に詰めていく作業をしました。その作業を昼過ぎまで続けたあと、今度は醤油工場で小さな醤油の瓶2本を透明な袋に入れて商品化する作業をしました。どちらの作業も、決められた時刻になるまで終わることはなく、黙々と作業をするのは、意外と辛いものでした。3日目は、粉醤油の箱詰めや、詰めるための箱の組み立て、とんかつソースの箱詰めなどをしました。そこで、醤油についての話を聞きました。洋食の普及や人口の減少などによって、醤油の消費量は年々減少しており、醤油を多くの人に使ってもらうため、吉村醸造では、醤油を使った新しい製品を多く開発しているそうです。今回箱詰めした粉醤油もその1つでした。直売所での仕事内容は、清掃や接客などが主で、無地の紙袋に「サクラカネヨ」の判子を押す作業や団子を焼く作業もさせていただきました。団子を焼くのは難しく、普段自分たちが食べているものは、かなり苦労して作られているのだと感じました。私はこの職場体験で、働くことの大変さを知ることができました。自分たちが使っているものや食べているものはすべて、人が苦労して作っているということを、毎日忘れないで生活していきたいです。とても良い経験になりました。

久木園建設

3年2組

永井 祭理

私は、職場体験で三日間、久木園建設の職場でお世話になりました。久木園建設の職場では、砂浜と事務所周りなどにわかれ仕事を行いました。砂浜での仕事内容は、土砂を掘ることで、事務所周りの仕事内容は、その場所の高さを測る測量です。パワーショベルを操縦したことでの第一印象は、操縦が難しかったことです。測量での仕事は、測量をするために必要なレベルという機械を水平にする作業をしました。ちょっとの調節で、変わってしまうので、すごく難しかったです。パワーショベルの操縦と測量の仕方の二つの仕事内容を覚えないといけなく、とても大変でした。仕事内容を見ると初めて見る機械を使うことが多く、使い方が複雑でなかなか覚えることができませんでした。しかし、職場の方が、優しく親切に教えてくださったので操縦の仕方や道具の使い方を理解することができました。私はこの職場体験を通して、いろいろなことを学びました。特に、私が一番この職場体験で学んだことは、家族や親せきのありがたさです。三日間、職場体験をして家族や親せきは毎日働いて疲れているんだなと思いました。このことは、これから社会に出るにあたってとても大切なことなので、この気持ちを忘れないようにしたいです。建設のことや、土木のことはもちろん、あいさつの大切さも教えてもらいました。地域の人にあいさつをすることで、地域の人が気持ちよく過ごせるだけでなく、その会社の信頼が高まったりとあいさつの大切さを学ぶことができました。この職場体験はいろいろなことが学べたよい機会だと思います。なかなか職場体験を行うことはできないので良い思い出になりました。自分が社会に出たときに、この体験を生かして、しっかりと働けるように頑張りたいです。職場の皆様、本当にありがとうございました。

久木園建設

3年2組

小橋口 真佑

私は,職場体験学習で3日間久木園建設の職場でお世話になりました。久木園建設の職場では事業所と現場にわかれ,1日ごとに違う仕事を行いました。1日目は,午前中吹上浜の近くでユンボを使って土砂の運搬を行いました。その際に操作方法を教わり,実際に動かしてみました。午後からは,事業所でCAD(キャド)というアプリを使って工事で使われる平面図を描きました。2日目は,大里川堤防工事の看板設置と現場事務所を建てる所や川沿いの草刈り,ポイントとポイントの距離を測る測量をしました。その後,スケッチアップというアプリを使って3Dのモデルを描きました。 3日目は,レベルという器具を使った測量をしました。事業所の周りを1周しながら高さを測っていって,その合計が10に近ければ正しく測れたといえるそうです。その後,2日目の測量で使った機械の設置を教わりました。水平にするのに数分かかりました。これを「1分以内にできたら合格」と言われましたが,できる気がしませんでした。その後,トラクターの洗車をしました。レベルの扱いは少しだけ上手くなったと思います。とても丁寧に教えてくださったのでわかりやすかったです。 私は,この職場体験で,いろいろなことを学びました。最初,3日と聞いたとき「1日か2日でいいじゃないか」と思っていました。しかし,教わったことを上手くできたときはとても楽しくて3日があっという間でした。現場では「これを持っていった方いいのかな」と思うことがあっても言われるまでは動けませんでした。しかし,言われなくても動ける気配りが大事だと思いました。また,挨拶も大事だと思いました。これらは,社会に出てから必ず必要になることなので,忘れないようにしたいと思います。職場体験を通していつも働いてくれている親への感謝がより大きくなりました。良い体験ができてよかったです。

高齢者多機能福祉施設
光里苑

3年2組

久保 英幸

私は、職場体験学習で三日間、光里苑の職場でお世話になりました。光里苑の職場では、「介護付有料老人ホーム 光里苑」「グループホーム 貴恵」「小規模多機能ホーム 実恩」の三つがあり、私は、老人ホーム 光里苑で体験学習をしました。光里苑での仕事内容は、主に食事の配膳・片づけ、台ふき、洗濯物干し・たたみでした。仕事内容だけ見ると簡単かと思うけれど、食事も一人ひとり違っていて、その人に合った食事を配らないといけませんでした。洗濯物もたくさんあり、全てたたみ終わるのに、一時間ほどかかりました。しかし、日を重ねていくうちに、利用者の名前を徐々に覚え、食事の配膳をスムーズに行うことができ、洗濯物もすばやくたたむことができました。また、初日はできなかった利用者との会話も、最終日にはたくさん会話ができるようになりました。他にも「トロミ」というものを体験しました。「トロミ」というのは、お茶や白湯などに入れてトロトロにし、利用者の方が飲みやすくするためのものです。こういう工夫をしているのを初めて知ることができ、良い体験ができました。私はこの職場体験で、いろいろなことを学びました。初日は、時間がとても長く感じましたが、二日目以降は、時間が進むのが早く、あっという間に終了時刻になっていました。私がした仕事は一部ですが、この三日間で、働くことの大切さを体感することができ、それと共に仕事の楽しさや達成感を学ぶことができました。この職場体験で学んだことは、社会に出たときにきっと役に立つことだと思うので、忘れないようにしたいと思います。この職場体験で、将来について深く考えることができ、また、中学校生活の良い思い出ができたので良かったです。

高齢者多機能福祉施設
光里苑


3年1組

三薗 瑞基

私は、職場体験学習で3日日間光里苑で体験をしました。光里苑は3つのグループに別れていて、私はその中の実恩というところに行きました。1日目はとても緊張してしまい高齢者の方々と話す時に、声が小さくなり、ハキハキと話せませんでした。1日目の主な仕事内容は、午前中が体操や運動食事配りなどで、お絵描きやパズルもしました。最初は何をすればいいかわからず、突っ立ったままで言われてから動くことがありました。午後からは、ミニゲームで1日目はゲートボールとビンゴゲームをしました。高齢者の方々はみんなゲートボールがとても上手でした。高齢者の方々はみんな楽しそうにしていたので見ている私もとても楽しくなりました。午後からは、少し仕事に慣れてきて少し話せるになり、高齢者の方々も昔の話をしてくれたので私も話しやすくなりとても楽しかったです。 2日目は1日目と午前も午後も仕事はあまり変わりませんでした。でも、ミニゲームが1日ごとに変わり2日目は色あてゲームとトランプで豚のしっぽをしました。色あてゲームは私も参加し私と職員の方で色あてゲームをし、ペットボトルを3本立ててしまいました。私も職員もみんな2点でした。高齢者の方々や職員の方々も笑顔で楽しくしていたのでとても楽しかったです。 3日目も、あまり変わりませんでした。でも昼から、ドライブツアーがあり高齢者の方々と職員の方々で伊集院の城山公園に行きみんなで記念撮影をしました。とてもいい思い出になりました。私がこの職場体験で一番うれしかったことは、緊張しながら活動した時に高齢者の方々が笑顔で迎えてくれたりたくさん話をしてくれたりしたことです。担当の方の言われた1日目よりも2日目、2日目よりも3日目ができたのです。とても、疲れた3日間だったけど、とてもいい学習になりました。

高齢者多機能福祉施設
光里苑


3年2組

池田 美紀

私は、職場体験で三日間光里苑の職場でお世話になりました。光里苑では、3つに分かれてて私はグループホーム貴恵で働きました。グループホームでの仕事内容は、客室や食堂の清掃や洗濯物干し、レクリエーション、お茶会、料理をしました。私が、1番よく頑張った仕事は、料理を作ることでした。光里苑で仕事をする上で1番大切なことは、挨拶と笑顔と思いやりの心を持つことです。この3つのことを考えながら高齢者との交流をしています。職員の方が親切におかしとお茶を出してくださいました。今回の職場体験を通して、いろいろなことを学びました。高齢者の方々と遊んだり、話をしたりすることで昔のことやこれまでやってきたことをしることができて私にとっては、うれしかったです。また、料理をして作った後に高齢者の方々が食べたときに「おいしい」と言ってくださってうれしかったです。初日は、緊張して大きな声で話すことができずに声が小さかったけど、なれていくうちにどんどん声を出すことができるようになりました。あいさつは、しっかりできました。だけど、積極的に話したり、聞いたりするところが、できませんでした。職員の方々に聞かれたて答えを返すほうが多かったです。最後の日は、私が作った焼きそばを高齢者の方々、そして職員の方々と一緒に食べました。おいしく感じました。行事は、みんなで参加をして楽しくやっているそうです。祭りが、今年あるのでそれに参加をしてほしいとさそわれました。9月の祭りには、ぜひ参加させていただきたいと思って、とても楽しみにしてます。行事にさそっていただいてうれかったです。今度、光里苑に行ったときには、声をしっかり出して話すことや笑顔でいることを心掛けたいと思ってます。そして、いろいろと教えてくださった担当の方にお礼を言うことが、できなかったので、きちんとお礼を言いたいと思います。光里苑で学んだことを生かして、施設の高齢者だけでなく身の回りにいる高齢者の方々にもお手伝いをしたり、笑顔で接したりできるように普段からこころがけたいとおもいます。3日間いい体験をしていただき、光里苑の皆様ありがとうございました。

市来えびす市場
3年2組
樋ノ口 美麗

 私は、職場体験学習で2日間、市来えびす市場の職場でお世話になりました。市来えびす市場の職場では1日間はレジのサポートをしました。 1日目の仕事内容は生産者さんのお手伝い、レジのサポート、商品棚の整理、ちりめんを入れる箱作りフィルターの掃除などの仕事内容でした。午前中は始めたばかりで、何をしていいか分からなかったので、職場の方々にいろいろと聞きながら仕事をしました。雨だったのでお客さんも少なくてレジにいてもとても暇だったので、合間で、フィルター掃除やレジ周りの掃除などをしました。店内が広かったので掃除がとても大変でした。午後からは、ちりめんを入れる箱作りをしたのでとても大変でした。1日間をやっと乗り越えたという気分になりました。かなりの重労働だったので体もへとへとで、仕事内容がとても多かったので、覚えるのが大変でした。 2日目も、朝は生産者さんのお手伝い、そして1日目とは違い魚をさばいたりするところでのしごとでした。売り子をしました。売り子というのは、簡単に言えば、お客さんに魚を売る人のことです。売り子はレジの時よりも、とにかく大変でした。魚が入っていた空箱を洗ったり、魚を洗い、グラムを量り値段付けをしました。シタビラメというヒラメがとてもヌルヌルしていて触った感触がとてもわるくて何度も手を洗いに行きました。活きじめをみたときはとても驚きました。鼻の穴から長い針金を通して脊髄の細胞をこわし、さばいて刺身にすると、とても鮮度が良いことを知りました。 私は、今回の職場体験を通して、いろいろなことを学びました。2日間は短いようで、とても長く感じられました。社会人になっても今回のように挨拶と気配りができるように日々頑張っていきたいと思います。

市来デイサービス
センター


3年2組

福山 菜央

 私は、職場体験学習で3日間、市来デイサービスセンターでお世話になりました。市来デイサービスセンターの職場では、2人で協力して仕事を行いました。市来デイサービスセンターでの仕事内容は、バスでお迎え・お茶出し・おしぼり出し・お風呂後の髪の毛乾かし・洗濯物干し・洗濯物たたみ・折り紙作り(鶴)・レクリエーション(トランプ・オセロ)・体操・帰りの歌・お見送りです。最初の第一印象は、以外と力仕事そうで大変そうに見えました。仕事内容を覚えたり、おじいさんやおばあさんの名前を覚えたりするのは3日では、できないと思っていました。しかし、1日目から沢山の方に話しかけてもらったおかげで少しの人の名前は覚えることができました。仕事内容はまだ1日目だったので、教えてもらうばかりで1番迷惑をかけたと思います。2日目からは、ある程度の仕事内容を覚えて職員の方に聞かなくてもちょっとは動けるようになりました。お昼からのレクリエーションでは、おばあさんとオセロをしました。いい試合になりました。3日目は、仕事内容もしっかり覚えてスムーズに仕事がおこなえました。きついと思うこともありましたが、最終日を楽しく過ごせました。 私はこの職場体験で、いろいろなことを学ぶことができました。3日間という期間は、最初はとても長いなとおもいました。しかし、日を重ねるごとに仕事の達成感を感じるようになりなした。今思うと3日間はとても短かったなとおもいます。働くことはとても大変で厳しく、苦労することばかりでしたが、それとともに、仕事の楽しさや達成感を学ぶこともできたとおもいます。それよりも、私が1番この職場体験で学んだことは、あいさつの大切さと人への気配りが大事だということです。この2つは、これからの社会に出るにあたってとても大切なことだと思うので、忘れないようにしたいです。なかなか職場体験を行う機会がないので、いい思い出になりました。

市来保育園

3年1組

蔵薗 愛梨

私は、職場体験学習で3日間、市来保育園の職場でお世話になりました。市来保育園での1日目の仕事内容は、年少組のごはんやお着替えの手伝い、遊び相手などでした。担任の先生が弾くピアノの音楽に合わせて歌ったり、踊ったりしました。ごはんのときは、ごはんつぶをよせてあげたり、お昼寝のときは、背中をトントンして寝かせてあげたりあまりできない貴重な体験をさせてもらいました。子供たちの手をにぎるととても小さかったです。いろんなおしゃべりもとても楽しかったです。おかしを渡したときに「先生ありがとう。」といってくれたので、うれしかった反面、今自分は先生なんだという自覚が少しずつでてきました。2日目の仕事内容は年中組のお世話と運動会の予行練習の手伝いなどでした。予行練習のときは、ゴールテープや先生方のお手伝いをしました。休憩時間のときに1才児の男の子をだっこさせてもらいました。目がくりくりしていて可愛かったです。DVDをテレビで見ているときにたくさんの子が自分の周りに座ってテレビを見てくれたのでうれしく思いました。 3日目の仕事内容は、年長組のお世話と高齢者とのふれあい運動会の手伝いでした。運動会が始まる前に、2才児の子と遊びました。この3日間でつないだ手の中で1番小さくびっくりしました。年長組さんと外で遊んでいるときは、あちこちに元気よく走る子たちを追いかけました。やっぱり保育士は「体力勝負」だと思うほど疲れました。 私はこの職場体験でいろんなことを学びました。保育園で働くということは、子供たちの命を預かる大事な仕事だと思いました。そして、先生が子供が悪いことをしても急には怒らず「こう〜するんだよ」と優しく注意していて急にはおこらないことが大切なんだと感じました。この3日間は長いようでとても短かったです。最後に、子どもたちの喜んでくれた姿を見ることができてうれしかったです。3日間という短い間でもたくさんの思い出がつくれ、いい経験になりました。

市来保育園

3年2組

中川 華

 私は、職場体験学習で3日間、市来保育園の職場でお世話になりました。市来保育園では、リンゴ組、メロン組、スイカ組に分かれ仕事を行いました。全ての組、仕事内容は同じで午前は子供たちと遊ぶこと、ご飯準備の手伝い、着替えの手伝いがありました。午後には、お昼寝の手伝いやおやつの準備がありました。午前中の仕事の第一印象は、子供の面倒を見ることです。着替えや遊ぶことなど子供のことを見ていないといけない仕事でした。午後の仕事の第一印象は、挨拶です。帰るときに「さようなら」と笑顔で挨拶をしました。初日では、緊張して言葉が出なかったです。でも、子供たちが「遊ぼう!」と言ってくれたので嬉しかったです。それに、先生方も親切にしてくださったので「選んでよかった」とホッとしました。2日目、3日目は体も慣れたのでちゃんと仕事をすることができました。それに2日目と3日目は行事があったのですごく大変でした。一番行事で心に残ったのはふれあい運動会です。私は、愛梨さんとゴールテープをし、光希さんはピストルをしました。子供たちが走ってる姿は、可愛くてなにより輝いて見えました。頑張ってる姿を見たら、懐かしく見えました。高齢者との交流を深める運動会はとてもいい行事だなぁと思いました。 私はこの職場体験で、いろいろなことを学びました。初日には、緊張して「行きたくない」という気持ちがありましたが2日目、3日目とくると「まだいたい」という気持ちに変化しました。そして、今…短かったという気持ちでいっぱいです。働くことは辛いし、きつい。けど、それを親は毎日体験しています。とても疲れるんだなぁ…と思いました。そして、この職場体験を通して仕事の辛さがわかった今、手伝いを自分から進んで取り組んで、親への負担を少なくしたいです。

市来保育園

31

中村 光希

私は、職場体験学習で3日間、市来保育園の職場でお世話になりました。市来保育園の職場では、年長と年中と年少にわかれ仕事を行いました。年長・年中・年少の仕事内容は、子供たちのお世話を中心に一緒にご飯を食べたり、寝かせてあげたりすることでした。3日目には、高齢者との運動会があり、昼からは年長さんのチアダンスの練習に付き添いました。子供たちに合わせてあげないといけないとおもいました。朝から夕方まで子供たちのお世話するのは体力的にも大変な仕事だと分かりました。子供たち全員の名前をおぼえるのも大変で、最後まで全員の名前は覚えられませんでした。子供たちはそれぞれ性格なども違うので個性豊かでかわいい反面、一人一人に違う態度で接する必要があり、そのことは学校生活の中でも役に立つなと思い、勉強になりました。また、声を張って子供たちをまとめている保育士さんを見習って日常生活の発表の場面などでもハキハキとした元気な声をだそうと思いました。子供たちをトントンしながら寝かせることはあまりないのでとても良い経験になりました。また、トントンしてあげた子供がすやすや寝てくれたときは嬉しかったです。3日目の高齢者との運動会は日差しも強くとても暑かったです。私はスターターをしました。人生で初めてしました。良い経験になりました。ダンスも簡単なのは、園児と一緒に踊りました。とても楽しそう園児たちが踊っているので、私も楽しく活動できました。昼からのチアダンスの練習は年長さんと一緒に近くにある公民館に行き、先生と一緒に私たちも踊りました。運動会でただでさえ疲れているのにまた子供たちを指導して先生たちの苦労が良く分かりました。子供たちも相当疲れているのにまだ元気に動いていてすごいなと思いました。他にも、紙芝居の抑揚を付けた呼び方なども、真似したいと思いました。私はこの職場体験で、社会に出るためには、勉強だけではなく、色々なことが大切だということ分かりました。

いちき串木野市立
市来幼稚園

3年1組

田丸 歩美

 私は、職場体験学習で三日間、いちき串木野市立市来幼稚園でお世話になりました。私は将来幼稚園教諭になりたくてこの職場を希望しました。幼稚園での主な三日間の仕事内容は意外に大変でした。一日目の朝は登園してきた子供たちのカバンなどをなおす手伝いをし、そのあとは雨だったので室内で遊びました。子供たちと遊びながら喧嘩をしていないか、危ないことをしていないかを見ながら遊びました。ご飯の時は配膳の手伝いをし、箸を振り回していないかなどに注意しました。帰りの会の時はみんなで歌を歌いました。子供たちが帰ると教室の掃除や製作などをしました。(この日は折り紙でリボン)そして体験一日目が終わりました。二日目は一日目と同じような流れでしたが、耳鼻科検診がありました。年少さんを私は担当していました。みんな大号泣でした。それが終わったら、また外で遊びました。そしてご飯の時に二人泣いてしまいました。私があやしても泣き止んでくれませんでした。担当の先生があやすと泣き止みました。やっぱり勉強して免許をとった先生にはいくら子供が好きでもかないませんでした。ご飯が終わるとまた何事もないように遊びだしました。そして最終日である三日目はいつもどおりの流れでしたが10時くらいから仲良しリズムというものがありました。最初にアンパンマン体操をしました。みんなアンパンマンが好きなようで、とっても元気に、にこにこしながら踊っていました。私も一緒に踊りました。そのあとはかけっこをしました。私はゴールにいました。みんないきおいよくはしってきてだきつきました。なのでみんなでぎゅーっとしました。とてもかわいかったです。帰るときには一人一人とハイタッチをしました。「また来てねえ」とみんな言って帰っていきました。この三日間は私にとって、とっても楽しかった三日間でした。色々なことを学べてよかったです。少しだけ将来の夢に近づけた気がしました。この経験を今後も生かしていき、幼稚園教諭の免許を取って働きたいです。

いちき串木野市立
市来幼稚園

3年1組

松田 陸

私は、職場体験学習で3日間、市来幼稚園でお世話になりました。仕事内容は、園児たちと遊ぶことが多かったですが、給食の指導や、園児が帰った後の掃除、作品制作の仕上げや手伝いなど、山ほどありました。休憩時間が夕方までなく思っていたよりハードだったということが第1印象でした。そして、園児たちと遊ぶことでさえ1人1人違う遊びをしてというので、自分の体が1つじゃ足りないほど忙しかったです。しかし、きついと思うことばかりではなく、子供たちと遊ぶとニコニコ喜んでくれました。それが「次も頑張るぞ」というエネルギーになり、達成感になって、心に残りました。体験の初日は、思っていたより本当にハードで心も体も疲れてしまい、「これがあと2日も続くのか」と思っていましたが、最終日の朝は、「今日で最後か、残念だな」あと1週間くらい続いてもいいのに」と思うくらい楽しく感じました。しかし別れの時はそれ以上に苦しく、悲しく感じました。いろんな経験を通じて、仕事の忙しさと厳しさを改めて学びました。それと同時に、達成感と楽しさを学びました。職場体験が終わった夜も、どうして私は今勉強しているのかという理由がはっきりとしたとしたような気がして、前までは、「勉強はしなくてはいけないもの」と思っていたけど「勉強は将来のためにするもの」と考えが変わりました。今回、幼稚園という身近な場所で、体験させていただいてとてもいい経験になりました。自分の心も、幼かったあの頃に戻れたような気がしてとても楽しかったです。そしてこれほどきつい仕事をしてくださる、中学校の先生方や両親にも、しっかりと今回、習ったこと考えたことを話して、「いつもありがとう」という気持ちを伝えたいです。

いちき串木野市立
市来幼稚園

3年2組

福山 瑠華

 私は、職場体験学習で三日間市来幼稚園の職場でお世話になりました。市来幼稚園の職場では、主に幼稚園教諭の仕事をしました。幼稚園教諭の仕事内容は、着替え・トイレ等の生活の手伝い、遊び相手、降園指導、部屋の掃除、作品作り、などでした。私は、年長の担当だったのでとてもパワフルな男子がたくさんいました。初めは、外で鬼ごっこをしました。足がすごく速くて、結構本気になって遊びました。雨が降ってきたから、室内でかけっこをして遊びました。みんな外でたくさん走ったのに、体力は全然残っていて驚きました。そのあとは、作品をみんなで作りました。ハ−トを八個作ってクローバーを自由に貼る、というものでした。みんなそれぞれのペースだったけどなんとか完成させていました。給食時間になると、みんなまだ遊び足りない様子で、そわそわしていました。でも、チャイムが鳴ると、片付けもきちんとやるし、机並べも自分でやるから、指導が行き届いてるな、と思いました。二日目は、耳鼻科検診がありました。年長と年中は、大丈夫だったけど、年少は一人が泣くと連られて皆も泣くので大変でした。でも、幼稚園に戻って、遊ぶ時には何事もなかった様にしていました。帰りの会の時は、先生が読み聞かせをする時があって、それまで騒いでた園児たちも一気に物語に入っていくので、やっぱりプロは違うなと思いました。私は、この三日間がとても短く感じました。園児と遊んでる時間はこの上なく楽しくて、大変なこともあったけどそれを乗り越えるために、考えたり、行動したりすることも楽しかったです。私の将来の選択肢に、幼稚園教諭という道はありませんでした。だから、こんなに楽しくて充実した仕事があることを知れて良かったです。

鹿児島銀行
市来支店


3年2組

溜池 琉人

 僕は1日,鹿児島銀行市来支店に職場体験に行きました。 銀行での職場体験は,驚きの連続でした。まず,朝に銀行へ行くと,始めにしたことは掃除でした。どんな職場でも掃除が必要であることがよくわかりました。次に,銀行のセキュリティーです。金庫では、扉が3重になっていて全てに鍵かパスワードがかかっていました。そのパスワードを入力するところがルパンに出てくるようなのもだったので,少し嬉しかったです。さらに防犯カメラで撮った動画が,1年以上も残っていました。 そして,僕が1番驚いたのが,銀行で不要になった書類などは,保管された後トイレットペーパーになることです。意外なことに,銀行には実は現金があまりないそうです。僕は,銀行には現金が3億円ぐらいあるのだろうとばかり思っていましたが,現金より書類のほうが多かったです。そうして不要になった書類がリサイクルされて環境保全にも意外なところでつながっていることに驚きました。そして銀行でのお札数え方,電卓の打ち方を教えてもらいました。お札の数え方では,たて読みとよこ読みの二つの方法があること初めて知りました。どちらも,なかなか上手くできず,職員の方がやっているのをみるととても速く,すごさを実感しました。次に,銀行の機能と役割について学びました。今までどうやって利益を得ているのか不思議に思っていました。ですが,お金の預金や貸出などに利子をつけて,利益を得ていることが知れました。他にも働く上でのマナー,礼儀を学びました。身だしなみなどの第一印象が大事だということや,名刺交換の順序などを教えてもらいました。ほとんどが自分にとって初めての知ることで,意外なものがたくさんありました。 この1日で,今まで知らなかったことにたくさん触れることができ,自分にとってとてもいい経験となりましたここで学んだことは,これからの社会生活で,生かしていきたいです。

巨M栄ミート

3年1組

松下 海人

僕は、信栄ミートで大変だったことは、肉を袋につめることでした。袋は、ちょっと大きくて入れる事が難しかったです。何度も肉を袋に入れると腰が痛くなりました。肩甲骨も痛くなりました。皆様に背が高いから痛くなるんだよって言われました。そして、いい方法を教えてくださいました。足の幅を広げるといいと言ってくださいました。やってみたら本当に痛くなくなりました。楽になりました。ちょっと楽しかった仕事はミンチ肉を袋に入れて何キロか量る仕事です。ミンチ肉は、冷たいです。でもちゃんとお湯があります。手が冷えたらそのお湯に入れます。入れたときは、とても温かいです。チュウリップ形の肉をカゴの中で並べます。交互に並べます。それが飽きるほどあります。疲れました。肉を丸くしてカゴに並べる仕事がありました。肉がたくさんあってカゴもたくさんありました。やってもやってもまだまだありました。腰が痛くなりました。そしていい事を聞きました。カゴを何個か重ねたらいいって聞いてやってみました。そしたら楽になりました。ちょっとやりやすかったです。信栄ミートの事務所の方も優しい方が多いです。僕は、こんなにきつい仕事をやっている人はすごいと思います。自分が大人になったら漁師になりたいです。自分がいろんな魚を釣って皆に魚を売ります。信栄ミートの皆様に三日間いろんな事を学びました。信栄ミートさんのおかげでおいしいお肉が食べられます。大変な仕事を頑張っている信栄ミートの皆様これからもお元気で頑張って下さい。

特別養護老人ホーム
吹上園

32

瀬戸口 史音

私は、職場体験で3日間、老人ホーム吹上園の職場でお世話になりました。吹上園では、1日1グループで3つのグループで仕事を行いました。1日目の「こたつにみかんグループ」では、高齢者の方との話・お茶入れ・ごはんのサポートをしました。1番難しかったのは、高齢者の方との話でした。1番簡単だと思っていました。でも、話すことが見つからず、とても緊張してしまいました。全然話が続かずに、困ってしまいました。おばあさんの方から話してくださいました。楽しく話せました。そのあとに、担当の方から、天気や自分について話したら良いよと言われました。2日目は、「のほほんグループ」で、色塗りや、食事の準備をしたりしました。昨日の反省から、この日は、テーマを見つけて自分から積極的に話をすることができてよかったです。3日目は、「かぼちゃグループ」でした。ここでは、パットを変えるのを見ました。パットとは、おむつのことです。今回、初めてパットを取り換えるのを、見てとても速いと思いました。その他に、お茶にとろみをつけました。白い固まりになってしまうので、速くスプーンを混ぜるので、とても難しかったです。私は、この職場体験を通して大きな声であいさつの大切さや、笑顔、思いやりを学びました。大きな声で話さないと聞こえない人がたくさんいるので担当の方に教えてもらったことです。私の、将来の夢は、ケアマネージャー介護関係なので、今回それにかかわることができて良かったです。失敗することもたくさんありました。しかし、担当の方や、仕事をしている方が、優しく接してくださって、とてもうれしかったです。なので、皆さんに感謝したいと思います。楽しくもあり、疲れた3日間で、たくさんのことを学べました。中学生の良い思い出ができて、良かったです。

潟}エダ

32

逆瀬川 航希

 私は、職場体験学習で3日間、株式会社マエダの職場でお世話になりました。そこでの仕事内容は、まず活動場所の清掃をしました。そこで、普段作業をしているので必然的にゴミが落ちていたりするので必ず30分以上の清掃をしました。掃くとほこりがまって目が痛くなったり咳がでたりしたので大変でした。 次は、バリと言うボンドの固まりを削る作業をしました。できるだけ木材に傷をつけないようにしないといけなかったので精神的に疲れました。けど、この作業は時間を忘れるぐらい楽しかったです。ほかにも、紙を切る作業がありました。その紙を木材の上に重ねないといけないし、サイズを合わせたりしないといけなかったので考えることが大事だと思いました。ほかには、塗装をしました。塗装では、筆を使いてっぺんだけを塗らないといけないので難しかったです。細かい作業が得意じゃなかったので苦労しました。 ほかに、木材の隙間をボンドで埋める作業がありました。その作業は傷や汚れを目立たないようにしました。難しかったのは塗り忘れや穴や傷にきづかなかったとこです。しっかりと塗らないとできないので大変でした。この作業が1番楽しかったです。 最後に、配達もありました。近い場所に行く時もあれば遠いとこに行く時もあるので眠くなります。持っていくものは少なくても時間はかかると感じました。運転手の人も大変だったかと思いました。 僕はこの職場体験で、様々なことを学ぶことができました。最初は、3日間だけかと思っていました。けど、長く感じました。その分、覚えることも多かったしできたときの達成感をたくさん味わうことができました。しかし、大変な作業もあり何度かいやだなと思いました。けれど、アドバイスをくれたり慣れたりすることによって楽しくなっていきました。仕事での雰囲気もわかることができ貴重な体験ができました。これからも役立つアドバイスをもらったので上手に利用していきたいです。

拒O田金物店

3年2組

川宿田 楓子

私は,職場体験で3日間,ホームセンターマエダの職場でお世話になりました。仕事内容は,店内の清掃,レジのアシスタント,商品の値付け・出し入れなどでした。 値付けでは,ラベラーという道具で,商品に値札シールを貼る作業をしました。一人で作業をするのは,心が折れそうになりましたが,終わった後に達成感を感じることができました。レジのアシスタントは,店員の方の隣で袋詰め作業をしました。商品の数・大きさに合わせたサイズの袋を選ぶのが,難しかったです。最後の日には,花や野菜の苗の入荷があり,店頭に並べる作業をしました。力仕事で辛いところはありましたが,並べた後のお客様の笑顔は嬉しかったです。 不安でもありましたが,店員の方々が,親切にフォローしてくださったので,しっかりと仕事をすることができました。同じことを長時間続ける作業が多かったのですが,働く人の大変さがわかりました。私はこの職場体験で,いろいろなことを学びました。最初は,3日間はとても長いと思っていましたが,最後の日にはもうできないかと思うと,名残惜しくあり,短く感じました。また,一緒に働いた店員の方々に,会う機会がなくなるので,寂しく思います。働くことは,辛いこともたくさんありますが,それと共に楽しさもあることを学ぶことができました。それよりも,私が一番この職場体験で学んだことは,周りの人への感謝が大事だということです。3日間働いただけでも,とても疲れたので,毎日働いてくれている両親には,感謝の気持ちを忘れないようにします。また,今回私たちが,職場体験をするために,準備をしてくださった先生方、事業所の方々には、感謝の気持ちでいっぱいです。将来,社会に出るにあたって,今回職場体験で学んだことを忘れずに,日々努力していきたいと思います。なかなか職場体験を行う機会がないので,思い出になり,よい体験ができました。

潟}エダ

3年1組

宇都 凌矢

 私は、職場体験学習で三日間、(株)マエダの職場でお世話になりました。(株)マエダの職場では一日目と三日目は工場で仕事を行い、二日目の午後からは配達と白アリ駆除に別れ仕事を行いました。一日目の仕事内容は、清掃・固まったバリ(ボンド)を削る・パテ(木材の隙間を埋める作業)でした。最初は、40分程せいそうをしました。私のほかにもう一人友達いましたが、工場内は思った以上に広く木材の破片や木くず、灰などがありはわくのがイヤになるぐらい大変でした。清掃を終え私達は次に、バリを削る作業をしました。ボンドを削り終えた後の達成感はクセになるぐらいでした。その後、余分に削ってしまったところを埋める作業をしました。担当の方が「最初だから仕方がない、少しやってできたら困る」とおもしろ半分で言ってくれてリラックスして作業を行うことができました。私は家に帰り着くと10分もしないうちに寝てしまいました。二日目は、午後からは事業所の大楽さんと白アリ駆除に行きました。大楽さんは、現地についてすぐに家屋に向かい現状を把握しすぐさま作業に取り掛かりました。この行動の速さは尊敬に値しました。私は実際,大楽さんの手伝いを少しやり、家のおばあさんと話すことしかしていなかったため、無力だなと思いました。しかし、大楽さんが「話すことも仕事のうちだ」と言い励ましてくれました。その後、水の配達や電気の取り換えにも行きました。これらの仕事にたくさんの労働力や時間を使っているんだなと思いました。 三日目は、パテを中心にしました。人差し指で強く押しつぶすように塗るため指が痛かったです。しかも、立ちながらの仕事だったため、足・腰が痛かったです。私は、三日間の職場体験を終え、仕事はとても大変だと感じました。この三日間は私の心に深く刻まれたと思います。そして、事業所の上野さんから頂いた「仕事は早い内に吸収する」という言葉をこれからの人生に生かしていきたいです。

拒蜍v保水産

31

赤崎 琉翔

私は、職場体験学習で3日間、大久保水産の職場でお世話になりました。大久保水産での仕事内容は主にちりめん加工、ちりめん漁でした。1日目は、鹿児島中央駅の近くにあるちりめん・しらす専門店「凪」というお店に行きました。そこではまず掃除をして、その後お客様が入ってきたら、お茶を出したりオーダーを取ったりしました。午後からは皿洗いをしました。皿洗いでは早く洗わないとどんどん皿がたまってしまうので早く洗うことを心がけてしました。接客はとても難しく、それを普通にこなすスタッフの方はすごいなと思いました。2日目は、ちりめん干し、選別、えびせんべい作りをしました。ちりめん干しは外でするので、暑くてとても疲れました。えびせんべい作りはとても楽しかったです。3日目は、午前中漁に出ました。色々説明をしてもらいながら船に乗っていました。魚の群れを発見すると船の速度を落とし網で魚をどんどん取っていきました。午後からは、箱詰めの手伝いをしました。ちりめんの中にいかや別の魚が入っていないかをチェックして箱に入れる作業でした。地道な作業でしたが、終わった時の達成感を感じられて良かったです。私はこの職場体験で、色々なことを学びました。仕事はあいさつで始まり、あいさつで終わるということを学びました。また、水産業というのは天候に左右されるので大変だそうです。私が特にこの3日間で印象に残っていることは1日目に行ったお店の店長さんが話してくださった話です。「どんなときでも楽なことを考えて行動するのではなく、楽しいことができるように今頑張る」ということを覚えています。この職場体験で学んだことは決して忘れずにこれからの学校生活や進路選択に生かしていきたいと思います。

大久保水産

31

有川 真平

私は、職場体験学習で3日間大久保水産の職場でお世話になりました。主な仕事内容は、ちりめん干し、ちりめん以外の魚の判別、ちりめん漁、ちりめん加工でした。1日目は、鹿児島の凪という飲食店にいきました。その店は、あいさつが他の店と違いました。例えば、「ありがとうございました」ではなく「ありがとうございます」ということです。これは、そのお客さんにまた来てください。という意味があってしているそうです。いろいろな工夫をしているんだなと感じました。この店で教わったことがあります。それは、「大丈夫です」という言葉を使わないことです。理由は、大丈夫は「はい」か「いいえ」の意味かが分からないからです。だから、今後は、「はい」か「いいえ」の意味を使いたいです。2日目は、ちりめんを干す作業をしました。この作業は、ただ干すだけですが、ちりめんが重なりすぎると乾かないので、その調整が難しかったです。次に、ちりめんせんべい造りと、ちりめん以外の魚の判別をしました。魚の判別は、割と簡単でした。ただプレス機にのせるだけの作業でした。でも、同じ作業をずっとするだけなのでとても眠くなり嫌でした。3日目は、ちりめん漁に出ました。4隻の船があり、1隻は、魚群探知機の船、2隻の船は、漁をする船、もう1隻は、運搬をする船です。私は、見ていただけですが、大漁の魚がとれていました。私は、あまりとれていないんじゃないかと思っていましたが大漁だったので驚きました。この3日間で学んだことは、仕事の大変さと感謝の気持ちです。親が一生懸命働いて、生活が出来ていることに感謝しないといけないことを実感しました。

田崎酒造

3年1組

西久保 陽向

僕は、職場体験学習で3日間、田崎酒造の職場でお世話になりました。田崎酒造の職場では、瓶詰め課で仕事を行いました。瓶詰め課での仕事内容は、ケース運び、くびかけの作成、くびかけ、瓶さし、パック作りの補助、段ボール積、ラベル貼りなどでした。細々とした仕事が多かったですが、力仕事もあり、集中力と体力のいる仕事でした。1日目は、ケース運び、くびかけの作成でした。仕事に慣れなかったり、緊張したりしましたが、職場の方々に積極的に話しかけていただき、大変良くしていただいたので、1日目を頑張ることができました。2日目は、1日目と同じ仕事でしたが、違う仕事もさせてもらいました。慣れたこともあって、余裕が出て自分の持ち場以外の場所を見学しました。1日目とは違う仕事も職場の方々に説明をしてもらい、早く慣れて、てきぱきすることができました。3日目には、1,2日目とは全く違う仕事をしました。1,2日目は瓶関係の仕事でしたが、3日目はパック関係の仕事でした。段ボールを積む仕事とパックの補充の仕事だけでしたが、同時に行わないといけなくて大変でした。段ボール積みは、一箱が意外と重く、それに積み方にも決まりがあり、大変でしたが、職場の方に、しっかりできているとほめてもらい、とてもうれしかったです。僕はこの職場体験で、メリハリの大切さとコミュニケーションの大切さについて学びました。「仕事中は集中し、休憩はしっかり休む」のメリハリで良い仕事ができるということがわかりました。それに、慣れない環境で困っていた僕に皆さんが話しかけて緊張をほぐしてくださり、そのおかげで、仕事を楽しくすることができました。この2つは、今後、どのような場所でも、必要になると思うので、大切にしていきたいです。

渠註ホ酒造

3年1組

松尾 祐樹

私は、職場体験学習で三日間、白石酒造でお世話になりました。白石酒造では、製品作りと原料作りの二つ分かれます。製品作りでの仕事内容は、瓶詰めや包装などで、原料づくりでは、いもを栽培すること等1時間以上同じ作業が続くのでけっこう根気が必要になる。いもの栽培や包装だけだとそこまで大変ではないが、いもの苗を植えるのに2日もかかった。さらに、苗を植えるときには、ずっと立っているので、どんどんきつくなるのでとても座りたくなる。ビンの洗浄は酒瓶が1ダースセットできる洗浄機に12本の酒瓶を洗うのだがすこし時間がたつと動き始めるためすばやく入れないといけないのだが、スピードをはやくすると瓶が割れることがあるため調整しないといけない。しかも遅かったら遅かったで洗浄機を一時停止させないと次に進まないのでタイムロスが発生します。瓶を取っていれるこの作業を何十回何百回もしないといけないのですばやくていねいにしなければならない。1日目はラベルはり・包装・苗とりをした。ラベルはりには結露などがあるためそれを拭かないといけないため1つにかかる時間が長いです。包装は酒の種類によって包装の仕方が違うので、作業に1時間以上かかる。苗とりは地面から出ている根や茎から3〜4節のところにはさみを入れると苗植えの時に役に立つそうです。3〜4のところが1番堅いので楽に植えることができるそうです。2日目は7時間ほど苗植えがあった。8時から苗とりに1時間。残りの時間は、苗植えになりました。本当は午後からは、瓶の洗浄でしたが、機械の故障により午後も苗を植えることになった。3日目は苗植えの続きと瓶の洗浄をした。瓶の数が1000本以上あるのでかなりの時間を必要とします。3日間で思ったのは、仕事に必要なのは故障などしてもつぎのことを考えることだとおもった。

米丸製茶

31

兒玉 慎吾

 僕は職場体験で2日間米丸製茶でお世話になりました。 自分は最初、どこの職場に行くのかは決めていなく最終的に米丸製茶に決まりました。自分は米丸製茶ではお茶摘みや草取りなど外でやる仕事や力作業が多いのかなって思っていましたが当日は雨天により室内での作業でした、1日目の作業は掃除がほとんどで最初は機械などについているについているお茶の粉末を掃除機で吸う作業で、「これなら自分でもこなせそう。」と思っていましたが、それは機械に登って行う作業で最初は高い所になれずに、びくびくしながら清掃を行っていましたが、やっていくうちにだんだんなれてきテキパキと作業をこなすことが出来ました。その後も別の機械の掃除が続きました、多少きつかったけど、作業の合間に休憩時間がありお茶を飲ませてもらい、そのお茶はとてもおいしくつい何杯も飲んでしまいました、そしてある程度休憩ができたら作業員の方にお茶の作り方の工程もおしえてもらい凄くためになりました。その後もしっかり作業をこなせました。 二日目からはお茶の袋にシールを貼ったり、お茶の葉から不純物を取り除くといった作業で、時間がたつにつれて素早く作業ができるようになり、話をしていても無意識に作業ができるほどに上達しましたそしてお茶の袋詰めが終わると、次は配達に同行させてもらえることになりました。いろいろな場所へまわり陳列などし、二日目の作業はこれが最後で、振り返ればきつい時もあったし楽しい時もありました。僕はこの作業を毎日こなしている従業員さんや血が凄いと思いました。またまた自分達の為に、毎日働いている母や父感謝しようと思いました。僕はこの二日間でいろいろなことを学びました。働くことは大変でしたし、達成感を学ぶこともできました。これから大人になって働く時に、ここで学んだことを忘れず生きていこうと思いました。

米丸製茶

31

潟山 宗太郎

私は、職場体験で2日間、米丸製茶の職場でお世話になりました。米丸製茶では、工場内の仕事とお茶を製品化するための仕事を行いました。工場内での仕事内容は、床下にある茶のくずやごみを集めたり、機械についているお茶の葉をとって中を洗ったりすることでした。お茶を製品化するための仕事内容は、お茶の葉を入れる袋にいろいろなシールを貼ったり、袋にお茶を入れたりすることでした。工場内での仕事は、見た感じ楽そうに見えたのですが、意外にきつくて、ふらふらしてしまう場面がありました。お茶を製品化するための仕事では、繊細さが必要になってきて、シールがずれてしまうことがありました。意外に簡単そうに見える仕事でも内容を覚えないといけなかったり、重労働だったりして大変でした。機械の掃除は何時間もかかる作業だったので、少し不安でした。ですが、従業員の方々が優しく、僕たちをサポートしてくださったので、不安が吹き飛んで、楽しく、そいて、丁寧に仕事をすることができました。私は、この職場体験で、たくさん色々なことを学びました。仕事をしていると、段々と達成感や喜びを感じることが増えて、3日間という長い期間がとても短く感じました。もっとしたいこともあって、頑張って仕事をするのが楽しく感じられました。しかし、楽しいことだけではなく、苦労することもありました。腰が痛くなったり、疲れたと思ったりしました。しかし、その経験が私たちが社会にでるために大事なことだと思いました。そして、自分の体に不調があったとしても、周囲の人に気配りをして、人に当たらず、挨拶をしっかりしたいと思いました。「仕事の楽しさ」「仕事の大変さ」「周囲の人への気配り」の三つのことは、社会の中で大事なことだと思うので、忘れずにずっと頭に残しておきたいと思いました。そして、将来のことについて関心が高まりました。将来について真剣に考えようと思いました。

柳園急便

31

久木園 稜貴
 

私は、職場体験学習で三日間、柳園急便の職場で、お世話になりました。柳園急便での仕事内容は、朝届く荷物の仕分けや積み込み、配達の手伝いでした。荷物仕分けは、一日目はずっと見ているだけでした。自分は何もできなくて、少し悔しかったです。二日目は、大半は見ているだけでしたが、社長さんのおっしゃった通りの場所に置くということもやりました。何か役に立っている気がしてうれしかったですし、一日目より確実に進歩していたこともうれしかったです。三日目は、二日目とほぼ同じ内容でした。ですが、三日目の荷物が一番多くてとてもわくわくしました。 積み込みは、一日目、二日目、三日目しっかりとやれたので良かったです。 配達の手伝いは、助手席にずっと座っていて、荷物が多いときは手伝うということでした。一日目は、それが主で大半が座っていました。社長さんに「閉めておいて」と言われて、閉めようとしますが焦ってしまいできませんでした。こんな簡単なことができなくて、とても恥ずかしかったです。二日目は、昨日の反省をいかし開閉を頑張りました。三日目は、一人で宅配したり、社長さんの後を付いて行って見学したりしました。一人で宅配したときはペコペコして見苦しくなってしまったなと思いました。三階まで、重い荷物を持っていくのは、なかなかの力仕事でした。 私はこの職場体験で、いろいろなことを学びました。働くことは大変で厳しく、苦労することばかりでしたが、それと共に、仕事の楽しさや達成感を学ぶこともできました。それよりも、私が一番この職場体験で学んだことは、挨拶の大切さや人への気配り、そしてコミュニケーションをとることがいかに大切かと言うことです。この三つは、これからの社会に出るにあたってとても大切なことだと思います。とても良い経験ができたと思いました。

留盛自動車

31

下津 大佑

私は、職場体験学習で3日間、留盛自動車の職場でお世話になりました。留盛自動車での仕事内容は、ガソリンスタンドの接客、車の洗車、車の中の掃除でした。1日目の午前中は、実習ではなくて、座学と中古車オークション場に社長さんに連れて行ってもらいました。座学では、大人というのはいつから大人になるのかを教えていただき、とても良い勉強になりました。オークション場では、200台近くの車が置いてあり、「とても多いですね」と言ったら「まだ少ないほうだよ」と言われてとてもビックリしました。午後からはガソリンスタンドで給油をしました。担当の方にやり方を教えてもらいながらしました。最初は、上手にできなくてイライラしました。だけど、慣れてくるにつれてお客さんと話をしながら給油をすることができてうれしかったです。2日目は、エンジンの分解・組み立てをしました。分解では、ネジがたくさんついてあり、どこのネジを外せばいいかがわからなかったけど、担当の方に教えてもらいながらしたら分解できました。組み立てでは、ネジの種類がわからなくなってとても困りました。効率よくするためには、道具もしっかりと置かないといけないんだなと思いました。3日目は、洗車と掃除をしました。手洗いでお客様の車を洗いました。とてもきれいになったので気持ちがよかったです。掃除も同じで、すみずみまで丁寧にしました。とても気持ちがよかったです。3日間で学んだこと・感じたことは、大人の人たちは毎日きつい思いをして働いているんだなと思いました。きつい思いをして給料をもらってそのお金で生活しているんだなと思いました。今の私たちは、きつかったらしなくてもいいけど、大人はきつくてもしなければならないんだなと思いました。なので、きつくても諦めないで大人にできるだけ近づいていけるようにしたいと思いました。職場体験で良い思い出ができてよかったです。

M田酒造
   M田屋伝兵衛

3年2組

浜田 太陽

私は、職場体験学習で3日間、M田酒造の職場でお世話になりました。M田酒造の職場では、2人で協力して仕事を行いました。1日目と3日目は、売店の手伝いとレストランの手伝いをして、2日目は焼酎の製造をしました。 レストランは、接客はとても不安で、1番心配に思っていた重要な仕事でした。人とコミュニケーションをとることが苦手だったので、最初から自分にはできないとあきらめていました。でも、実際に接客をしてみたら、人とコミュニケーションをとることは楽しいことだと思うようになりました。料理をお客さんに持って行ったときに、「ありがとう。」と言って笑顔になってくれたことがとてもうれしかったです。いろんなことは最初からできないとあきらめず、できないとあきらめる前に挑戦しようと思うことが大切だと思いました。 売店は、担当の方からあいさつや期限を守ることが大切だと教えてくださいました。そのことは学校や日頃の生活でよく言われることでした。あいさつは日頃の生活、期限は学校で宿題や提出物など出すときに言われます。今の学校や日頃の生活が社会に出たときに大切なので、日頃のあいさつや学校の提出物の期限を守ることをしっかりしようと思いました。 焼酎の製造は、はじめての体験ばかりでした。工場は衛生面にとても気を付けていて、商品になる前の物を触るときにしっかりと手を洗いました。焼酎の製造はじみちな作業で、同じ作業を何回も繰り返し行いました。とても大変だったけど、作業を終えると達成感をあじわうことができました。そして、焼酎が造られるまでの製造工程を知ることができ、何年もの年月をたて、造られていることを知ることができました。 この短い3日間の職場体験学習で、担当の方や社員の方々に社会で大切なことをいろいろ教えてもらい、たくさんのことを学ぶことができました。 濱田酒造でいろんな体験ができ、とても貴重な3日間でした。

M田酒造
   M田屋伝兵衛

3年2組

逆瀬川 敬

私は職場体験学習で三日間、濱田酒造の職場でお世話になりました。濱田酒造の職場では1日目と3日目は、売店やレストランでのサービス業で、2日目は、工場で焼酎の製造業の仕事をしました。1日目と3日目は、売店前のそうじから始まり、商品を補充したり、接客、箱作りや、商品を包んだりなどしました。レストランの方では、接客や配膳はもちろん割り箸作りや皿洗いなどをしました。この2日間は主に体力をあまり消費しないのですが、細かい作業が多かったような気がしました。それに比べて、2日目の製造業では、麹と呼ばれる焼酎の材料を何度も運んだり、麦を冷やしたりする作業など、体力を大きく消費する仕事が多かったです。どの作業に関しても最初は全く分からなかったのですが、従業員の方々が優しく丁寧に教えてくださり、自分でもビックリするくらい仕事を効率よくできたと思います。この職場体験を通して、最も楽しかったことは、売店での、商品を包む作業です。数を重ねるごとに、上達していくのが自分でも分かり、すごく楽しくできました。逆にきつかったことは、レストランでの皿洗いや後片づけです。皿洗いは、汚れが取れないことがあったり、数が多かったりしたので疲れました。この職場体験で学んだことは、二つあります。一つ目は、仕事に関する考えが変わりました。職場体験前は、仕事は楽しいものだと思っていたのですが、「楽しい」よりも「きつい」の方が大きいということを学びました。二つ目は、親への感謝の再確認したことです。自分の中で「ありがとう」や「おはよう」などのあいさつやお礼を意識しているのですが職場体験を終えた今は、あいさつやお礼を維持しつつ、自分にできる手伝いを少しでもしてあげようと思いました。この二つの学んだことをこれからの生活に生かしていきたいです。